Browse By

BIOGRAPHY

今井里美

桐朋学園演劇科卒業

『女系家族』で帝国劇場にてデビュー

人が持つ役者としての能力

それを最上限まで引き出す為

2005年

六本木ストライプハウスギャラリー協力

空間を意識した一人芝居を始める。

2007年-J・Pサルトルの戯曲

フランスSACD協会の許可を得て自身で一人芝居に脚色上演

夏には

「戦争は終わった…はずだった。」

平和への思いを5弦ウッドベースの水野俊介、パフォーミングアートの

権藤武彦とのコラボレーションにて、朗読で伝えている