Browse By

奇跡のシンガー 明日大阪へ

無事に千秋楽を迎えました。お客様のお力で作品が熟成されていったように思います。沢山のご来場、また何度も足をお運び下さったお客様本当にありがとうございました。沢山のメッセージを持ったこの作品と再び皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

最終稽古

初めての経験をした。大阪公演のため確認の稽古。軽やかな気持ちで稽古場に向かった。

稽古が始まり、私は一瞬にしてはりつめたその空気にめまいがした。芝居は熟成されていたのだ。私達の芝居は、ここで稽古をし、劇場に出た。そしてお客様の目に触れ、熟成されたのだ。100回の稽古より1回の本番というのは本当かもしれないと思った。役が役者を育て、お客様が芝居を育ててくれていた。もしかしたら私も育っているかもしれないと思った。でも、まだ監督の目には納得がいっていない。監督は嘘が嫌いなのだ。細やかな指示に、もう一度自分をみつめ直す。嘘はないか。よくひとは役者は嘘がうまいと思っている。違うのだ。真実を追求しているのだ。俳優は人に非ずして人を憂うると書く。人が憂うるにならないようにと演劇学校の先生が言っていたのを想い出す。今日の稽古はなんて素敵な時間だろうと思った。大阪公演楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です