日曜日, 12月 16, 2018
著者 からの投稿 YADORIGIPRO

YADORIGIPRO

22 投稿 0 コメント

演出者の集い2016

皆さま 急に冷え込んできましたが、お元気にお過ごしでしょうか? 一般社団法人日本演出者協会主催のイヴェントのお知らせです。 12月21日(水)に「演出者の集い2016」を開催いたします。   20代から90代の演出者が一堂に集い、日本演劇の過去、現在、未来を語り合うトークスクランブルです。 ★★~若手演出者コンクールの優秀賞の受賞式~★★と 日本演出者協会毎年恒例の★★大忘年会★★も、この日に開催いたします! 年末のお忙しい時ですが、ぜひ、話を聞きに、そして自由に質問などしに、いらしてください。 『演出者の集い2016』 日時:12月21日(水) 会場:座・高円寺2 開始 : 12:45 (受付開始12:00~) 大忘年会 会場 : 座・高円寺2Fアンリ・ファーブル 開始 : 19:30 (受付開始19:00~) <チケット料金> ■1日フリーパスチケット 一般/学生/協会員2,000円(前売・当日共) ■大忘年会セット券4,000円 ■忘年会のみの参加3,000円 ★予約フォーム【Quartet Online】 https://www.quartet-online.net/ticket/tsudoi2016 ★プログラムと登壇者などの詳細は、日本演出者協会HPをご欄ください。 http://jda.jp/camp.html <お申込み・お問い合わせ先> 一般社団法人日本演出者協会 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-30芸能花伝舎3F TEL:03-5909-3074 / FAX:03-5909-3075 E-mail: j_d_a_info@yahoo.co.jp http://jda.jp/ ★参加申し込みフォーム★( 日本演出者協会j_d_a_info@yahoo.co.jpへコンタクトします) お名前とメールアドレス、購入するチケット(枚数指定)をご記入の上送信下さい   皆さまのお申込みをお待ちしております!! (チラシ表 リンク) (チラシ裏 リンク)

水谷八重子ひとり語り 越路吹雪讃歌 ヤマハホール2016年10月

  水谷八重子 ひとり語り、、、 越路吹雪讃歌 それはヤマハホールから始まった 2016年10月24日(月曜日) 19時開演 2016年10月25日(火曜日) 19時開演 ¥8,000 (税込全席指定) パンフレットPDFダウンロード チケットのお申込み・お問い合わせ 03-6427-1371 FAX 03-5549-7757 構成・演出 青井陽治 音楽監督  安倍 潤 会場・ヤマハホール 〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14ヤマハ銀座ビル7~9F 最寄り駅 東京メトロ銀座線 銀座 A3出口 徒歩 4分 山手線 新橋 徒歩 7分 東京メトロ日比谷線 東銀座 徒歩 7分

ラヴ・レターズ 2016 クライマックス・ステージ シーズン3

『ラヴ・レターズ』 作 = A.R.ガーニー 訳・演出 = 青井陽治 ★★★★★ 夏、8月の『ラヴ・レターズ』。今年は、27周年を迎えます。『ラヴ・レターズ』が始まった時には、まだ生れていなかった俳優さんが、アンディーやメリッサを演じてくださる。親子二代で出演という方も現れはじめました。 でも、それ以上に、今年の夏の『ラヴ・レターズ』は、大好きなパルコ劇場の最後の公演に選んで頂けたことが、深い意味を持つことになるでしょう。1週間、7組。パルコ劇場 クライマックス・シリーズの最後の最後。 8月7日。その日を、どんな思いで迎えることになるのか。今は見当もつきません。考えずにおきたいと思います。 この、フィナーレを飾るに相応しい、素晴らしいアンディーたちとメリッサたちをお迎えできた。これは間違いありません。 8月2日のカップルだけ、まだ未発表です。が、実は、そのお二人と、昨日、稽古をしました。8日にはお知らせできる予定です。 2020年に、新しいパルコ劇場で公演できるまで、『ラヴ・レターズ』はさまざまな劇場を旅することになります。でも、今のパルコ劇場でご覧いただけるのは、この機会を最後に、二度とありません。 パルコ劇場は、僕にとって本当に大切な劇場です。まだ思い出とは言いたくない記憶が、今も進行形で積み重ねられつつあります。 皆さんにとっても、かけがえのない場所でしょう。 『ラヴ・レターズ』と共に、パルコ劇場を記憶に刻む。是非、この貴重な時間に立ち会ってください。 青井陽治 ★★★★★ 8月1日(月) 19:00開演 TOSHI-LOW(BRAHMAN) & 大空祐 8月2日(火)19:00開演 柄本時生 & 前田敦子 8月3日(水) 19:00開演 箭内道彦 & 木村佳乃 8月4日(木) 19:00開演 風間杜夫 & 伊藤蘭 8月5日(金) 13:00開演 森崎博之 & シルビア・グラブ 8月6日(土) 13:00開演 勝村政信 & YOU 8月7日(日) 13:00開演 渡辺謙 & 南果歩 パルコ劇場HP 劇場 住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ パート1・9F   青井陽治 演劇ワークショップ (CompanyONE公式HP)

ブロードウェイ・ミュージカル『アップル・ツリー』

ブロードウェイ・ミュージカル『アップル・ツリー』 5月28日(土)に初日を開け、続いて今日30日(月)に、ダブル・キャストの後発組が初日を迎えました。 ちょうど50年前に、ニューヨークで生れたミュージカルに、新しい命が吹き込まれたのです。 その立役者は城田優さん。この作品で、演出家デビューを果しました。 1500人規模の劇場、30人の出演者、25人のオーケストラのために製作されたミュージカルを、180席の劇場、7人の出演者、2人のオーケストラで!! 初演の1966年は、ブロードウェイ・ミュージカルが、完成と解体の分水嶺にあった年。翌1967年から、怒涛のような解体と、再生への戦いが始まります。 「男と女と悪魔と」。三つの有名な短編小説から、同じ構造を見出し、全くスタイルの違う三つのミュージカルを創りあげて生れた、オムニバス作品。ミュージカル史上たったひとつの実験作です。 僕は、28歳の時に夢中で訳した台本と詞を、城田さんの希望で、2回の休憩を挟んだ2時間45分から(そういう時代だったのです)110分に圧縮する役目をさせて頂きました。 どうぞ、「愛についての三つの寓話」を楽しみ、ひととき愛に想いを馳せてください。 【今後の日程表】 5月31日(火)14:00 6月1日(水)14:00/19:00 2日(木)14:00/19:00(この回は、ミュージカルの上演はありません。城田優のスペシャル・トーク「アップル・ツリーと僕とミュージカル」のみです。僕は、ゲストに呼んで頂きました。) 3日(金)19:00 4日(土)13:00/17:00 5日(日)13:00/17:00 6日(月)19:00 7日(火)14:00 【料金】 7,000円 【お問合せ】 ワタナベエンターテインメント 03-5410-1885(平日11:00〜18:00) 【公式HP】 https://appletree.themedia.jp/ 劇場でお会いしましょう。 青井陽治 Company ONE 青井陽治公式サイト / ワークショップ

右近塾 作家 井沢元彦氏を迎えて (第15回)

第15回右近塾 作家 井沢元彦氏を迎えて~逆説の右近史になってしまうのか?!     青井陽治氏 推薦イベント 右近塾は、日本舞踊の西川流総帥の西川右近さんが主宰する「何でも勉強会」です。毎月一回、右近師とゲストが自在なトークを繰り広げます。素晴らしいのは、毎月のゲストの多彩さ、豪華さ。 赤坂の名妓、歌舞伎役者、スポーツ医学の専門家、財界人、学者、演劇人……立てるようになったら踊っていた、という古典芸能の世界を生きて、70年余。驚異的な人脈に連なる方々が、次々に登場し、興味つきないお話を。 今月は、26日に開催。 ゲストは、井沢元彦さん。逆説の日本史という視点から、日本の芸能、演劇、映画最大のソース『忠臣蔵』を検証してみたいとのこと。『四谷怪談』も含めたおもしろいお話が伺えそうです。 興味のある方は、「右近塾」「西川右近」で、早速検索してみてください。 青井陽治 日時:平成28年5月26日 18時~19時半 場所:(株)新東通信 会議室 中央区銀座4ー2ー15 塚本素山ビル4F 詳細:右近塾Facebookリンク    

水谷八重子 越路吹雪讃歌 銀座ヤマハホール 2016年6月13日

水谷八重子 一人語り、、、 越路吹雪讃歌 2016年6月13日(月曜日) 19時開演 (18時30開場)   越路吹雪讃歌パンフレット(裏表)ダウンロード   会場・ヤマハホール ¥8000(税込み全席指定) お申し込みお問い合わせ 電話:03(6427)1371 FAX:03(5549)7757 銀座ヤマハホール 住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14 ●東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線 「銀座」駅A3出口より徒歩4分 ●JR線・都営地下鉄浅草線・東京メトロ銀座線 「新橋」駅より徒歩7分 ●都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線 「東銀座」駅より徒歩7分

『アップル・ツリー』城田優初演出作品@赤坂RED/theater

『アップル・ツリー』 5月28日(土)〜6月7日(火)@赤坂RED/theater   青井陽治氏より 城田優さんの初演出作品のミュージカル『アップル・ツリー』は、僕の翻訳・訳詞・日本語台本で上演されます。 ☆6月2日(木)は、城田優さんと僕のトークだけの公演があります 「アップル・ツリー」は“真実の愛”をテーマとして、マーク・トゥエインの「アダムとイブの物語」等、原作の異なる3つのストーリーを、「屋根の上のヴァイオリン弾き」のシェルダン・ハーニック(歌詞)とジェリー・ボック(作曲)の名コンビが作った大ヒットミュージカルコメディです。 https://youtu.be/kp66HNdk794 HP: https://appletree.themedia.jp/

若手演出家コンクール2014年度最優秀賞記念公演【2016】

Sounds of Silences(サウンズ・オブ・サイレンシーズ ) 今年(2016年)の若手演出家コンクールも終了し、今週末は、昨年の最優秀賞に輝いた弦巻啓太さんの記念公演が開催されます。   弦巻啓太さん主宰の「弦巻楽団」は、札幌に拠点を置く劇団で、今年創立10周年を迎えます。 気鋭の演出家とその劇団の東京公演、是非見に行ってあげてください。 弦巻楽団#24 『Sounds of Silences(サウンズ・オブ・サイレンシーズ )』 【日時】2016年 3月11日(金)20:00 3月12日(土)15:00☆(黒澤世莉)/19:00☆(青井陽治) 3月13日(日)15:00☆(山田百次) ☆()内はアフタートーク・ゲスト 【会場】下北沢「劇」小劇場 小田急線・井の頭線 下北沢駅南口から徒歩3分  TEL:03-3466-0020 【料金】 日時指定・全席自由 一般 前売2,500円/当日2,800円 学生 前売1,500円/当日1,800円 ◆若手演出家コンクール2015の半券提示で500円オフ 【予約・問い合わせ】 弦巻楽団: 090-2572-9209 Mail:tsurumakigakudan@yahoo.co.jp ご来場お待ちしております。 4人の登場人物が交わす、本音と建前の揺らぎ。 「声にならない言葉」によって追い詰められていく人間たち。 「声にならない言葉」を想像し、慮ることでかえって事態は窮屈になっていく……。 思いやりと気づかいの間で押しつぶされる、現代人のコミュニケーションを題材にした悲喜劇。